事業報告



【平成30年度活動実績報告】

2018年度事業実績(2018年4月~2019年3月)

1 事業の成果
東日本大震災及び福島原発事故の影響で神奈川県及び近郊に避難されている方々が、 避難先で安心して暮らし、将来的に帰還や生活再建につながるよう、相談、見守り、交流の場の提供など、避難者の実情に応じた支援活動 を実施してきております。今年度の事業は、昨年度からの継続事業であり、年度当初に計画したものをほぼ達成している状況であります。
震災から8年が経過し、現在全国で 5 万 1 千人、神奈川県内で 2100 人もの方が避難生活を続けている状況の中で、 2017 年3月には、自主避難者 への住宅支援制度が終了し、 さらに その後 、 避難指定区域を解除された地域からの避難者についても、今年度いっぱいで家賃補助制度が終了 する旨、通告されて おります 。自主避難者の方も今でも避難生活を続けて おられますが 、統計上 で は 避難者ではなくなるという状況であ ります 。
長期化する避難生活によって、避難者の抱える問題は個別に異なり、複雑化、多様化しており画一的な手段での支援では解決が困難な状況 の中で、 震災の記憶を風化させないだけでなく、避難者の方々を同じ地域で暮らす身近な存在として地域のコミュニティで支えていくことが避難者支援の在り方と考え今後もこの活動を続けていきます。

2 事業内容
(1) 平成 30 年度 福島県 県外避難者帰還・生活再建支援助成事業(福島県補助事業)
・内容:避難元町別交流会(ふるさとの集い)開催
・ 交流便の運航、 第 10 回ふるさとコミュニティ in かながわの開催、 お茶っこ会 、 神奈川散歩カフェの実施、 会報「ともにあゆむ」の発行、 浪江町&富岡町校歌祭 in いわき交流会の開催
・日時・場所:開催日時及び開催場所については別掲
・従事者人員:7 人
・対象者:県内及び周辺地域避難者
・支出額:8,313 千円
(2) ふるさとふくしま交流・相談支援事業(ふくしま連携復興センター委託事業
・内容:出張お茶っこ会の開催、 広域 避難 者交流会の開催 、 かながわ避難者相談窓口ハンドブック制作
・日時・場所:開催日時及び開催場所については別掲
・従事者人員:9 人
・対象者:県内及び周辺地域避難者
・支出額:4.680 千円

平成30年度活動実績報告は下記のPDFファイルをご確認ください。

・平成30年度事業実績


【平成29年度活動実績報告】

平成29年度活動実績報告は下記のPDFファイルをご確認ください。

・平成29年度事業実績

【平成28年度活動実績報告】

平成28年度活動実績報告は下記のPDFファイルをご確認ください。

・平成28年度活動実績報告

【平成27年度活動実績報告】

平成27年度活動実績報告は下記のPDFファイルをご確認ください。

・平成27年度活動実績報告